スピカブログ☆

 NO CATS, NO LIFE!
 Abyssinian Cattery SPICA
<< トロの居る生活 * TOP * たとえばこんな休日の朝 >>
さよならノーチラス号

automatical なスピードで 君の心撃ち抜いて駆け出した海は
悲しみに沈むエメラルド Good by my love, planet love

≫GOOD BYE NAUTILUS / SCUDELIA ELECTRO

スクーデリアエレクトロ の解散ライブへ行ってきました。
本日に限り、猫は全くもって登場しない文章なので、興味のある方だけどうぞ。
・ ・ ・

これまでの数えきれないくらいライブに行きましたが、“解散”と名の付くライブは初めて。それがこれほどライブに通ったバンドは他にない、そんなスクーデリアのだなんて!ライブの始まる直前までソワソワドキドキ、緊張しっぱなしでした。

でも実際のライブは、TVの生中継が入っているせいか・はたまた最後だからか・石田さんが普段にも増して饒舌なだけで、いつも通り楽しくて。「MISS」や「TRUTH」の優しくてセクシーな歌声も、「ミラージュ」や「MOONBASE」のはっちゃけた疾走感も、「Good bye Nautilus」や「BETTER DAYS」の懐かしいメロディも全然変わらなくて。かと言って、シングルベスト的な内容でもなく、意外な選曲や吉澤さんの歌もあったりして・・・本当にこれで終わっちゃうの?と思ってしまいました(それを言うなら2003年7月の“ELECTROCKS”か、11月の“2nd GENERATION”の時の方がよっぽど解散ライブぽかった気が)。

スクーデリアは結成してちょうど10年だそうです。
(SPIRAL LIFE)デビュー当時25才だったという石田氏も、もう37才。そして自分も同じように年を重ねたんだと思うと、月日の流れを感じてしまったり。
私はスパイラル時代は知らず、スクーデリア自体も2ndアルバムからハマったクチですが、それでも8年くらいずっと追いかけてたんだなぁ。先にも書いたように、ツアーからイベントまで、ここまで足繁くライブに通ったバンドは他にありません(友人には「スピッツと違ってチケが取れるからでは?」と言われましたがそんなことはなく(苦笑))。

あぁ、もう会えないと思うと、寂しい。
どうして解散なんだろう?
よくあるメンバの不仲とか音楽性の違いとか、そういう次元の話では全くなく(有り得ない)。TVや雑誌に出なくても、年に1回くらいCDを出して楽しいライブを見せてくれるだけで、それだけで良かったのに。。
2回のアンコールの後、客席のライトが灯って終演のアナウンスが流れても、拍手を止めたら本当に終わってしまうと思うと、ずっとステージ前を離れることができない自分がいました。

でもライブ中、メンバもFANもみんな、「ありがとう」を連呼してましたね。
私も、ありがとうと言いたい。ありがとう、スクーデリア。
そして、いつかまた会いたいな。
SPIRAL LIFEではなく、MOTERWORKSでもない、SCUDELIA ELECTROが好きだから。きっと、ずっと好きです。
| 23:49 | comments(1)
▼コメント
yooooy
2006/03/14 7:14 AM by north face metropolis parka
▼コメントする